明日葉の効能がいろいろすごい

明日葉1 明日葉2 明日葉3 明日葉4

江戸時代の書物に滋養強壮によい薬草として紹介されている明日葉ですが、現在も健康食品として、また特に関東地方では天ぷらやおひたしなど料理の素材としてもおなじみです。

「青汁メーカーと代表商品の一覧」の中で明日葉を原料としている商品は二つありました。

  • サントリーウエルネス 極の青汁
  • 小林製薬 キトサン明日葉青汁

※極の青汁は明日葉と大麦若葉が、またキトサン明日葉青汁は明日葉のほかに抹茶や黒糖なども含まれています。

明日葉にはどんな栄養がある?

明日葉0

江戸時代に滋養強壮の薬とされていた明日葉ですが、現代の研究ではたくさんの栄養素が含まれていることがわかっています。

  • 食物繊維がレタスの5倍
  • β-カロテンがトマトの10倍
  • カリウムがピーマンの8倍
  • ビタミンEがにんじんの5倍

これは明日葉を説明している山田養蜂場さんのサイトを参考にさせていただきました。そのページ内にはケールや大麦若葉と比較した数字も載せられていますが、いかに明日葉に栄養が豊富がかわかります。

山田養蜂場

山田養蜂場さんの青汁はもちろん「はちみち青汁」です。こちらは明日葉ではなくヨモギと大麦若葉、ケールが入っているようです。いずれ別ページで紹介したいと思います。

また、明日葉の本場とも言える大島の「大島明日葉研究所公式サイト」にはキャベツやかぼちゃなどさまざまな13種類の野菜とその栄養成分を比較した図が載っていますが、その中で食物繊維とリン、ナトリウム、ビタミンB2の含まれる量がどの野菜よりも多いようです。

詳しくは下のリンクからご覧ください。

大島明日葉研究所公式サイト

明日葉にはどんな健康効果が期待できる?

「旬の食材百科」を見るとっちょっと褒めすぎではないかと思うほどその健康効果が書かれています。

がんの予防や整腸効果、アルツハイマーの予防、髪の健康維持、視力維持、粘膜や皮膚の健康維持、喉や肺など呼吸器系統を守るなどさまざまな効能が書かれています。

旬の食材百科

先ほど紹介した山田養蜂場さんの関連ページには明日葉の血糖値を下げる効果についても書かれています。明日葉に含まれるカルコンという成分が血糖の上昇を抑制する働きがあるそうです。

山田養蜂場 みつばち健康科学研究所

明日葉の生産地は?

  • サントリーウエルネス 極の青汁 鹿児島県屋久島産
  • 小林製薬 キトサン明日葉青汁 不明

※小林製薬の場合、他の青汁メーカーとは違い主力商品の薬品と同じような紹介のしかたをしているので欲しい情報が少ないという感じがします。その代わりというか、使用上に注意や廃棄方法など、青汁としてはあまり見ないような項目も用意されているわけですが。

桑葉入りの青汁で血糖値対策

桑の葉3 桑の葉2 桑の葉1 桑の葉4

カイコが食べるあの桑の葉ですが、青汁には大麦若葉やケールだけでなく桑の葉を原材料としている商品もあります。桑の葉にはどんな栄養や健康効果があるのでしょうか。

まずはメニューにある製造元一覧に出てくるメーカーの代表的な商品の中で桑葉を原料としている商品を挙げてみます。

  • 伊藤園 純国産 有機青汁
  • やわた やわたのおいしい青汁
  • ホクト ホクトの青汁
  • 豆腐の盛田屋 豆乳とおからのうみゃあ青汁
  • ファイテン ファイテン桑葉青汁
  • 万田発酵 万田発酵のおいしい青汁

※桑葉のみが原料として記載されているのはファイテンのみで、以外は大麦若葉やケールなどと共に桑葉が原料として記載されています。

桑葉にはどんな栄養がある?

桑の葉0

メーカー一覧には載っていませんが「健康食品の原料屋本店」というサイトに桑の葉について詳しい説明がありました。
このサイトによれば桑の葉には以下のような栄養が特に多いことがわかっています。

  • 葉酸がほうれん草の2.4倍
  • カルシウムが牛乳の20倍
  • β-カロテンがにんじんの3.5倍
  • ビタミンEがごまの3倍

健康食品の原料屋本店

※調べてみるとこの○○が○○の何倍という数値はサイトによって異なるようです。ただ、栄養成分自体は共通しているようですので、これらの栄養成分が豊富だということは間違いないようです。

このほか桑の葉には鉄分や、亜鉛、ビタミンC、食物繊維などの成分も含まれています。

桑葉にはどんな健康効果が期待できる?

桑葉の健康効果について、特に書いておきたいのが血糖値を下げる効果についてです。いくつものサイトでこの効果について書かれていますが、ここでは全薬工業のサイトから記事を引用してみます。

桑は養蚕のため日本各地で植栽されてきた植物ですが、古くは鎌倉時代から糖尿病予防効果がうたわれてきた素材です。研究の成果から、桑葉には糖の消化酵素に対する強い阻害活性があり、食後の血糖値上昇を穏やかにする効果が期待できることがわかり、糖尿病の予防につながるとして注目されています。

ちょっと難しい記事ですが、つづきはこちらで。

全薬工業

桑葉の生産地は?

カイコのえさと考えると、群馬県がすぐ頭に浮かびますが、青汁で使用する桑の葉の生産地はどこが多いのでしょうか。上記6社の表示を見てみましょう。

  • 伊藤園 純国産 有機青汁 有機国産桑葉
  • やわた やわたのおいしい青汁 国産有機桑の葉
  • ホクト ホクトの青汁 不明
  • 豆腐の盛田屋 豆乳とおからのうみゃあ青汁 不明
  • ファイテン ファイテン桑葉青汁 国産
  • 万田発酵 万田発酵のおいしい青汁 国産

大麦若葉やケールの場合は産地を書いている場合が多いのですが、桑葉についてはこのとおり国産という表記までのようです。

各社の商品にどこの桑の葉が使われているのかについてはいまのところ不明ですが、国内で生産している種類も生産地も多いので、おそらくどのメーカーも国産のものを使用しているのではないかと思われます。詳しいことがわかれば追記します。

大麦若葉は青汁の主役

大麦若葉2 大麦若葉3 大麦若葉1 大麦若葉4

ケールのページでもお話しましたが、現在、青汁原料の主役はケールから大麦若葉に変わっているようです。

メニューにある製造元一覧に出てくるメーカーの代表的な商品の中で大麦若葉を原料としている商品を挙げてみます。

  • サントリーウエルネス 極の青汁
  • 伊藤園 純国産 有機青汁
  • ヤクルトヘルスフーズ 私の青汁
  • アサヒ緑健 緑効青汁
  • 山本漢方製薬 大麦若葉 粉末100%
  • アサヒグループ食品 青汁と21種の野菜
  • やわた やわたのおいしい青汁
  • 世田谷自然食品 乳酸菌が入った青汁
  • えがお 青汁満菜
  • わかさ生活 わかさの青汁
  • 大正製薬 ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 キトサン
  • ホクト ホクトの青汁
  • 豆腐の盛田屋 豆乳とおからのうみゃあ青汁
  • やずや 養生青汁
  • 万田発酵 万田発酵のおいしい青汁
  • ユニマットリケン 国産大麦若葉と長命草の青汁
  • エーザイ 美 チョコラ コラーゲン青汁
  • POLA GREEN FIBER キレイの青汁
  • ダイショー のみやすい大麦若葉入り青汁
  • 森下仁丹 国産有機緑茶青汁
  • 健康家族 カルシウムもとれる初摘み若葉青汁

※大麦若葉のみが原料として記載されているのはヤクルトヘルスフーズ、アサヒ緑健、アサヒグループ食品、えがお、大正製薬、やずや、エーザイ、ダイショー、健康家族の各商品で、以外は桑葉や長命草、明日葉などと共に大麦若葉が原料として記載されています。

また雪国まいたけの「雪国まいたけが作った家族で飲める青汁」にも大麦若葉が含まれていますが、この商品の場合はメインの原料が挙げづらいので除外しています。

大麦若葉にはどんな栄養がある?

大麦若葉0

世田谷自然食品の広告ページによれば大麦若葉には以下のような栄養が特に多いことがわかっています。

  • β-カロチンがカボチャの約3倍
  • 鉄分がほうれん草の約5倍
  • 食物繊維がごぼうの約8倍

そのほか、ビタミンAやビタミンB1、B2、ビタミンC、カリウム、カルシウム、マグネシウムなどが豊富に含まれています。

世田谷自然食品

大麦若葉にはどんな健康効果が期待できる?

健康効果についてはまず わかさ生活さんのページを引用してみます。

ビタミン類を豊富に含むことから、疲労回復効果やストレスの軽減にも働きます。またカルシウムや鉄などのミネラルも多く含むことから、イライラや貧血を防ぐ効果もあるとされています。
そのほかにも生活習慣病の予防や免疫力の向上など、さまざまな健康効果が期待できます。

わかさ生活情報局

これは2012年の記事ですが、大麦若葉が潰瘍性大腸炎の予防に効果があるという研究結果について書かれています。

東洋新薬『大麦若葉末』に新たな効果-潰瘍性大腸炎を予防-

ほかのサイトでは、がんや脳卒中、高血圧にも効くという記事をいくつも見ましたが、これはどれも大麦若葉に入っているビタミンなどの抗酸化物質の効能について書かれたもののようです。

大麦若葉の生産地は?

大麦はビールや麦茶の原料としてよく知られていますが、その生産地と大麦若葉の生産地は同じではないようです。大麦の主な生産地は、二条大麦が佐賀県、栃木県、福岡県など、また六条大麦が福井県、茨城県、栃木県などとなっています。

また若葉とは麦の穂をつける前の30センチくらいの葉を言うようです。

青汁メーカーの生産地の記載をいくつか見てみましょう。

  • サントリー 極みの青汁 熊本県阿蘇産
  • アサヒ緑健 緑効青汁 九州・阿蘇産
  • 山本漢方製薬 大麦若葉 粉末100% 中国
  • ヤクルトヘルスフーズ 私の青汁 大分県国東半島周辺
  • やわたのおいしい青汁 大分県
    ※大分県の農家の紹介写真がありました
  • やずや 養生青汁 国東半島を中心とした大分県
    ※こちらは「六条大麦若葉」と書かれています
  • 世田谷自然食品 乳酸菌が入った青汁 国産
  • 伊藤園 純国産 有機青汁 国産(有機JAS認定)

山本漢方製薬の大麦若葉は中国産でしたね。通販やドラッグストアでかなり安売りしているのはそういった理由もあるんでしょうか?

大麦若葉が誕生するまで(山本漢方製薬)

そのほか国内産の中では生産地がわかるものはすべて九州産となっているようです。また、やずやの養生青汁については「六条大麦若葉」と書き込みがありますが、ほかの大麦若葉の品種については二条大麦なのか、または六条大麦なのか、また青汁に向いたそれらとは違う種類の大麦があるのかなどまだ調査できていません。情報があればサイト内のどこかに記載したいと思います。

ケールは元祖青汁で有名

ケール1 ケール2 ケール3 ケール4

青汁商品の元祖と言って間違いないキューサイの青汁の原料はケールという野菜ですが、その後ケールの青汁がどんどん増えるかと思っていたら、現在の青汁の主役は大麦若葉に変わってしまったようです。

とはいえ、このケールを使った商品は人気商品としていくつも存在します。メニューにある製造元一覧に出てくる商品を挙げてみます。

  • キューサイ キューサイのケール青汁
  • ファンケル 1食分のケール青汁
  • オリヒロ 青汁スーパー100
  • 伊藤園 純国産 有機青汁

※伊藤園以外の青汁は原材料がケールのみとなっています。伊藤園はケールのほかに大麦若葉、ケール、抹茶、桑葉、緑茶が原材料。

ケールにはどんな栄養がある?

ケール0

キュサーイさんのページを参考にすると、ケールには以下のように豊富な栄養があることがわかります。

  • ルティンがほうれん草の2.15倍
  • ポリフェノールがブロッコリーの1.64倍
  • β-カロテンがトマトの5.37倍
  • カルシウムがヨーグルトの1.83倍
  • カルシウム(の吸収率)が牛乳の1.27倍
  • ビタミンCがいちごの1.31倍
  • 食物繊維がセロリの2.47倍

キューサイ

ケールにはどんな健康効果が期待できる?

「旬の食材百科」を見ると、ケールの栄養効果として、動脈硬化や心筋梗塞などの生活習慣病の予防、老化の予防、睡眠の改善、白内障の予防、血糖値の上昇を防ぐ働きなどが挙げられています。

旬の食材百科

わかさ生活が運営する「わかさの秘密」というサイトの中にもケールの健康効果についての記述がありますが、上記のほかに、皮膚や粘膜を丈夫にする効果やストレスをやわらげる効果、美肌効果、歯と骨を丈夫にする効果などが挙げられています。

わかさの秘密

ウィキペディアの中には、緑内障予防の効果が指摘されているという記述もありました。

ウィキペディア

ケールの生産地は?

ケールはキャベツの原種で、日本へは江戸時代にオランダから入ってきたと言われていますが、国内の主な生産地は茨城県、島根県、岡山県、福岡県、大分県、鹿児島県となっています。

各社の生産地の説明をそのまま記載します。

  • キューサイ 島根県・九州
  • ファンケル 愛媛県・鹿児島県・長野県
  • オリヒロ 国産
  • 伊藤園 日本

いずれにしてもこれらのメーカーでは日本国内産のケールを使用しているようですので安心ですね。

乳酸菌が100億個は多いのか調べてみよう

ネット広告に『100億個の乳酸菌が入った青汁』と書かれていたのはもちろん世田谷自然食品の「乳酸菌が入った青汁」のことです。

さて、100億個といわれると単純な私は『すごい数だ!』と思うわけですが、菌ですからね、これが多いのか少ないのかよくわかりません。

ということで、ほかの乳酸菌入り食品と比べてみることにします。

最初は、もちろんヤクルトです。

ヤクルトはあの大きさですが、広告の言葉をそのまま引用すると、

Newヤクルト 生きて腸内に到達する乳酸菌 シロタ株が1本に200億個入った、乳製品乳酸菌飲料。

あの1本(80ml)に200億!

お次は、カルピス。

『カルピスの原液100mlあたり乳酸菌40億個』という記事を見つけましたが、カルピスの場合は薄め方でその数は変わるでしょうからよくわかりませんね。

ペットボトルのカルピスウォーターは100mlに1億個くらいとのことですから、コップ一杯だと多くても2億個くらいとなるのでしょうか。

ヤクルトに比べれば半分ですが、カルピスに比べれば100億はすごい数ですが、それ以上にヤクルトとカルピスにこんな違いがあるとは意外な発見でした。

ヤクルトとカルピス

さて、ついでに乳酸菌の種類ですが、世田谷自然食品に入っているのはラクトバチルス・カゼイという乳酸菌で『日本人のために選んだお米生まれの乳酸菌』という説明がホームページにありました。

それを調べようとしたらヤクルト中央研究所のホームページに行き着いて「菌の図鑑」というコーナーで「ラクトバチルス カゼイ」を調べると… なんでもチーズについてる菌だということなんですね。

「カゼイ」という語はラテン語でチーズを意味するそうです。

まあ難しいことはわかりませんが、『日本人のために選んだお米生まれの乳酸菌』というのが、なんだか違う気がしてしまうのですが実際のところはどういうことなんでしょうか。

同種の菌だけど米に付着するものもいる、ということかな?

「ラクト」って乳…のことですよね。ともかく、100億も入っているんですから体に良いに決まってますよきっと。

問題はシロタ株のように腸まで届くかどうか?よくは分かりませんが、100億もあれば、きっとたくさん届きますよ!

と、テキトーな話で終わってすみません。

青汁の原料調査まとめ

サイト内で「青汁メーカーと代表的な商品の一覧」を作成して、青汁の原料にはどんなものがあるか、調べてみました。
(メニューの「製造元一覧」です)

この一覧で集めた商品は28商品で、原料別に分けると次のようになります。なお、原料として二つ以上表示している商品もありますので商品数の合計は27を超えています。

大麦若葉 21商品
桑葉 6商品
ケール 4商品
明日葉 2商品
長命草 2商品
緑茶 2商品
クマザサ 1商品
モロヘイヤ 1商品
プチヴェール 1商品
甘藷若葉 1商品
抹茶 1商品

意外だったのはケールと桑葉でしょうか。

大麦若葉はテレビのコマーシャルなどでよく使われていることはわかっていましたが、青汁の元祖であるキューサイの青汁がケールを原料としているのを知っていたので、その後もケールの青汁はたくさん作られていると思い込んでいたのですが、意外に少ない結果でした。

ケールはキューサイとファンケル、オリヒロ、伊藤園の4社となっていますが、このうち伊藤園だけは大麦若葉、イチョウ葉を合わせた3種類を青汁の原料とし他はケールのみが原料となっています。

また桑の葉は5社と多かったのですが、ただケールはの場合とは違い、ホクト、豆腐の盛田屋、ファイテン、万田発酵、やわたの5社のうち桑葉だけを原料としているのはファイテンの商品だけで、ほかは大麦若葉と共に原料としています。

桑という植物はその根が医薬品の原料となる植物ですが、実はその葉は血糖値の上昇を抑制する効果があるという研究結果があります。

そのほか、クマザサは古くから健康茶として飲まれ、高血圧、糖尿病などに効果があると言われていますが、こちらはその科学的有効性については不明とのことでした。

あまり聞いたことのない原料がプチヴェールです。ビタミンCやカルシウムを多く含むアブラナ科の野菜だということですが、こちらは わかさの青汁の原料となっています。
プチヴェール
(プチヴェール)

もうひとつ、長命草は(ボタンボウフウ)と読むのだそうです。これは与那国島に自生する栄養価の高い植物だということです。

以上簡単にまとめましたが、今後それぞれの原料についてもっと詳しく調べて投稿しようと思っています。