青汁を作るときの水の量

先日買ってきたヤクルトの「私の青汁」を飲もうと思って箱を見てみたら、水100mlに…と書いてありました。

たしか以前買った他の商品はコップ一杯にと描いてあった気がしたのですが、コップ一杯だと180mlくらいのはずなのでこれはずいぶんと差があります。

お腹に入ってしまえば同じなのでみなさんはあまり気にすることではないと思いますが、このようなサイトを運営する私にとっては気になってしかたがないわけであります ^_^)。

というわけで、いくつかの商品を調べてみましょう。

せっかくなので昨日調べた一包に入っている青汁の量も書いておきます。

  • サントリーウエルネス
    極の青汁(30包 3,600円 税抜)3.3g
    メーカーサイトでは見つけられませんでしたが、クチコミ等では100ccという説明がほとんどで、また一専用青汁シェーカーを見る限り100ccくらいの感じでした。
  • 伊藤園
    純国産 有機青汁(30包 3,800円 税抜)3g
    1日1~2包を目安に、1包を水や牛乳(180cc)に溶かし…
  • ヤクルトヘルスフーズ
    私の青汁(30包 1,500円 税抜)4g
    1日当たり1~2袋を目安に、1袋につき100ml程度の水やお湯、牛乳等各種飲料に溶かして…
  • アサヒ緑健
    緑効青汁(90包 9,980円 税込)3.5g
    水を100ccから120ml注ぐ…
  • キューサイ
    キューサイのケール青汁(30包 3,703円 税込)7g
    100~150mlのお飲み物を先に入れ…
  • 世田谷自然食品
    乳酸菌が入った青汁(30包 3,430円 税抜)3.2g
    100~150mlの水などに溶かし、1日1~2包を…
  • わかさ生活
    わかさの青汁(31包 1,780円 税込)2.5g
    1日1包を目安に100ml程度の水や牛乳などに溶かして…

「私の青汁」は一包に入っている量が4グラムと他の青汁よりも少し多めなんですが、水は100mlと逆に少なめです。濃いめの青汁の方が飲む人にとってはいいだろうというメーカーさんの考えなんでしょうか。

まあ先ほど言ったように、お腹に入ってしまえば濃くても薄くても同じですし、水の量を変えたからといって青汁の健康効果に違いが出るとも思えません。

濃いめの味が好きな人は水を少なめに、また原田龍二さんのように豪快にゴクゴク飲みたい方は水を多めにしてもいいんじゃないでしょうか。

原田龍二
(これです)

ときどき青汁のシェイカーなるものを見かけます。ストローやマドラー、箸なんかで十分な気もするのですが、なんでもこれを使うとしっかり溶けるので喉越しがとてもよくなるそうです。

アマゾンあたりでも売っているみたいですから、今度いいもの見つけたらいくつか別のページで紹介しましょう。

それから調べていて気がついたことですが、青汁を溶かすとき先に水を入れるのが正しいようです。

そのような説明のメーカーが多くありました。

一包に何グラム入っている?

青汁を調べてみると一箱に30包入っている商品が一番多いようですが、ところでその一包に何グラムの粉末が入っているかご存知ですか?

これはもちろんメーカーや商品によって違うわけですが、普通に考えれば一包に多くの量が入っている方が濃い青汁が出来るわけですから、同じ価格であればお得のような気もします。

というわけで、これまで紹介してきた青汁の一包に入っている粉末の量を調べてみました。

  • サントリーウエルネス
    極の青汁(30包 3,600円 税抜)3.3g
  • 伊藤園
    純国産 有機青汁(30包 3,800円 税抜)3g
  • ヤクルトヘルスフーズ
    私の青汁(30包 1,500円 税抜)4g
  • ファンケル
    1食分のケール青汁(30包 3,000円 税込)3.4g
  • アサヒ緑健
    緑効青汁(90包 9,980円 税込)3.5g
  • 山本漢方製薬
    大麦若葉 粉末100%(22包 1,500円 税込)3g
  • アサヒグループ食品
    青汁と21種の野菜(20包 1,124円~ 税抜き)3.3g
  • キューサイ
    キューサイのケール青汁(30包 3,703円 税込)7g
  • やわた
    やわたのおいしい青汁(30包 4,100円 税込)4g
  • 世田谷自然食品
    乳酸菌が入った青汁(30包 3,430円 税抜)3.2g
  • えがお
    青汁満菜(31包 3,240円 税込)4.5g
  • わかさ生活
    わかさの青汁(31包 1,780円 税込)2.5g
  • 大正製薬
    ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 キトサン(30包 3,800円 税抜)3g
  • 雪国まいたけ
    雪国まいたけが作った家族で飲める青汁(21包 1,058円 税込)3g
  • ホクト
    ホクトの青汁(21包 1,058円 税込)2.5g
  • 豆腐の盛田屋
    豆乳とおからのうみゃあ青汁(30包 3,400円 税抜)3g
  • オリヒロ
    青汁スーパー100(48包 6,480円 税込)2.5g
  • やずや
    養生青汁(63包 6,804円 税込)3g
  • ファイテン
    ファイテン桑葉青汁(30包 3,240円 税込)2.5g
  • 小林製薬
    キトサン明日葉青汁(30包 3,024円 税込)3g
  • 万田発酵
    万田発酵のおいしい青汁(30包 3,780円 税込)3g
  • ユニマットリケン
    国産大麦若葉と長命草の青汁(30包 2,500円~ 税込)3g
  • エーザイ
    美 チョコラ コラーゲン青汁(30包 4,115円 税込)3g
  • POLA
    GREEN FIBER キレイの青汁(60包 8,100円 税込)4.5g
  • ダイショー
    のみやすい大麦若葉入り青汁(28包 864円~ 税込)3g
  • 森下仁丹
    国産有機緑茶青汁(30包 2,700円 税込)3g
  • 資生堂
    長命草の青汁(30包 2,700円 税込)3g
  • 健康家族
    カルシウムもとれる初摘み若葉青汁(15包 2,160円 税込)4g

一包3グラムの商品が一番多いようですが、キューサイのケール青汁が7グラムと、この商品だけ突出しているようです。

ところで、昨日ご紹介した原田龍二さんの山本漢方製薬「大麦若葉」のCMはご覧になりましたでしょうか?

彼が持っているのは間違いなくビールの大ジョッキですが、大ジョッキは普通700~800ミリリットル入ります。

原田龍二
(これです)

例えば私が先日買ったヤクルトの「私の青汁」は100ミリリットルの水で一包という説明が書かれていましたから、大ジョッキで飲むには7~8包入れなくてはいけません。

この飲み方だと一箱で4回くらいしか飲めない計算になりますね。

一度豪快にやってみますか。

パンツ一丁で ^ ^)。

何億杯突破したか知りたい人集まれ!

ちょっと変なタイトルにしてしまいましたが、でも何億杯突破!って目にする耳にするフレーズですよね。

ということで、現在、各社のどの商品が何億杯売れているのか見てみましょう。

もちろんこれは、青汁の人気度がわかる数字でもありますよね。
メーカー、商品名、杯数を紹介します。

  • やずや
    養生青汁
    お客様に飲まれ続けて、ついに1億杯を突破しました!
  • サントリー
    極の青汁
    ここまでこだわった青汁だから2億杯もご愛飲頂いております。
  • 世田谷自然食品
    乳酸菌が入った青汁
    出荷総数2億杯突破!
  • ファンケル
    青汁商品全般
    愛されて4億杯!
    2004年4月〜2018年7月末の販売実績概算と記されています。
  • 株式会社三昧生活
    青汁三昧
    シリーズ累計販売数11億杯突破!
    この商品はダイレクトテレショップで売られている商品です。
  • 山本漢方製薬
    大麦若葉
    累計20億杯突破!
    CMギャラリーに20億杯突破篇という動画がありました。

山本漢方製薬の大麦若葉が20億杯というのはすごいですね。

先日、近所のマツモトキヨシに行ってみたらこの山本漢方製薬の青汁商品が一番種類が多く置いてありました。

テレビではあまり見ないメーカーなんですが、実は青汁販売は40年前からということがCM動画にあり、昔からさまざまな販路を開拓して売ってきたんでしょうね、すごいです。

ホームページを見ると青汁商品の種類が13種類、乳酸菌入りやユーグレナ入り、オメガ3入りとさまざまな青汁があります。

自社で定期お届けのようなサービスはないようですが、アマゾンではドラッグストアが山本漢方製薬商品の定期販売を行っているようです。

山本漢方製薬
(山本漢方製薬 愛知県小牧市多気東町157番地)

山本漢方製薬、これからも注目していきたいと思います。

追記:2019/08/01

これからも注目していきたいということで調べたら、ひとつわかったことがあります。

ここ山本漢方製薬の青汁に使われている原料の大麦若葉は中国産です。これまで紹介してきた大麦若葉の中で唯一、国産ではない原料を使っています。

医薬品と同様に厳格な品質管理基準で製造しているということですが、詳しい説明はこちらにあります。

大麦若葉が誕生するまで(山本漢方製薬)

「青汁」という名称について

『まずい、もう一杯!』のキューサイ全盛期の頃かその後だったでしょうか、キューサイが「青汁」の商標登録を忘れたために、他の会社に使われてしまったようだ。という噂がどこからともなく聞こえてきたことがあります。

そのあと『キュウーサイってばかだよね。』と続いたものですが、でも実際は違っていたようです。

「青汁」という名前は古くから九州地方で使われていた名称らしいので商標として登録することができなかったというのが真相のようです。登録しようとしたかどうか?それはわかりませんが。

それは「きりたんぽ」とか「ひつまぶし」「雷おこし」「八ツ橋」みたいに古くから食べられてきたものの名称が独占できないのと同じ意味ということなんでしょうね。八ツ橋なんかを調べてみても、

八ッ橋がいつ誕生し、いつ八橋と呼ばれるようになったのかは不明である。

とウィキペディアにありますから、こういう商品は登録できないということなんでしょう。

もし当初のうわさ通りキューサイが商標登録を忘れただけならアサヒ緑健あたりが登録してもよかったわけですからね。

そんなわけで今、知られているだけで数十社もの会社が「青汁」という商品を販売しています。キューサイさんの功績は大きいですよね。

『まずい、もう一杯!』これはインパクトありました。

『まずい、もう一杯!』

でもあれアドリブだったという噂もあるんですが、こちらの真相はどうたったのでしょうか。

青汁の商品名が面白い

サイト内で作成した「青汁メーカーと代表的な商品の一覧」(メニューの「製造元一覧」です)を見ているうちにその商品名の面白さに気が付いてしまいましたので、勝手に分類して遊んでみました。

  • おいしい、飲みやすい系
    万田発酵のおいしい青汁(万田発酵)
    やわたのおいしい青汁(やわた)
    のみやすい大麦若葉入り青汁(ダイショー)
  • ○○が入ってます系
    乳酸菌が入った青汁(世田谷自然食品)
    キトサン明日葉青汁(小林製薬)
    ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 キトサン(大正製薬)
    豆乳とおからのうみゃあ青汁(豆腐の盛田屋)
    青汁と21種の野菜(アサヒグループ食品葉)
    カルシウムもとれる初摘み若葉青汁(健康家族)
    長命草の青汁(資生堂)
  • 栽培方法で
    純国産 有機青汁(伊藤園)
    有機栽培の青汁(ユニマットリケン)
    国産有機緑茶青汁(森下仁丹)
  • メーカー名で勝負
    わかさの青汁(わかさ生活)
    キューサイのケール青汁(キューサイ)
    ホクトの青汁(ホクト)
    ファイテン桑葉青汁(ファイテン)
  • 一番長い名前
    雪国まいたけが作った家族で飲める青汁(雪国まいたけ)
  • 栄養補助
    1食分のケール青汁(ファンケル)
  • 直球勝負
    大麦若葉 粉末100%(山本漢方製薬)
    青汁スーパー100(オリヒロ)
  • 美容効果あり
    GREEN FIBER キレイの青汁(POLA)
    美 チョコラ コラーゲン青汁(エーザイ)
  • 強い四文字系
    緑効青汁(アサヒ緑健)
    養生青汁(やずや)
    極の青汁(サントリーウエルネス)
    私の青汁(ヤクルトヘルスフーズ)
    青汁満菜(えがお)

これから青汁を作って売ろうというメーカーさんは、四文字で商品名をつけるといいかもしれませんね 笑)

青汁万歳、青汁根性、必勝青汁、青汁先生、社長青汁、青汁王国、青汁天国、青汁浪漫、青汁…😆