ケールは元祖青汁で有名

青汁商品の元祖と言って間違いないキューサイの青汁の原料はケールという野菜ですが、その後ケールの青汁がどんどん増えるかと思っていたら、現在の青汁の主役は大麦若葉に変わってしまったようです。

とはいえ、このケールを使った商品は人気商品としていくつも存在します。メニューにある製造元一覧に出てくる商品を挙げてみます。

  • キューサイ キューサイのケール青汁
  • ファンケル 1食分のケール青汁
  • オリヒロ 青汁スーパー100
  • 伊藤園 純国産 有機青汁

※伊藤園以外の青汁は原材料がケールのみとなっています。伊藤園はケールのほかに大麦若葉、ケール、抹茶、桑葉、緑茶が原材料。

ケールにはどんな栄養がある?

キュサーイさんのページを参考にすると、ケールには以下のように豊富な栄養があることがわかります。

  • ルティンがほうれん草の2.15倍
  • ポリフェノールがブロッコリーの1.64倍
  • β-カロテンがトマトの5.37倍
  • カルシウムがヨーグルトの1.83倍
  • カルシウム(の吸収率)が牛乳の1.27倍
  • ビタミンCがいちごの1.31倍
  • 食物繊維がセロリの2.47倍

キューサイ

ケールにはどんな健康効果が期待できる?

「旬の食材百科」を見ると、ケールの栄養効果として、動脈硬化や心筋梗塞などの生活習慣病の予防、老化の予防、睡眠の改善、白内障の予防、血糖値の上昇を防ぐ働きなどが挙げられています。

旬の食材百科

わかさ生活が運営する「わかさの秘密」というサイトの中にもケールの健康効果についての記述がありますが、上記のほかに、皮膚や粘膜を丈夫にする効果やストレスをやわらげる効果、美肌効果、歯と骨を丈夫にする効果などが挙げられています。

わかさの秘密

ウィキペディアの中には、緑内障予防の効果が指摘されているという記述もありました。

ウィキペディア

ケールの生産地は?

ケールはキャベツの原種で、日本へは江戸時代にオランダから入ってきたと言われていますが、国内の主な生産地は茨城県、島根県、岡山県、福岡県、大分県、鹿児島県となっています。

各社の生産地の説明をそのまま記載します。

  • キューサイ 島根県・九州
  • ファンケル 愛媛県・鹿児島県・長野県
  • オリヒロ 国産
  • 伊藤園 日本

いずれにしてもこれらのメーカーでは日本国内産のケールを使用しているようですので安心ですね。