青汁の安全性と有効性

野菜は体に良い、そして現代人には野菜が足りていない、もうそのような常識が頭にこびりついている私ですが、たまたまウィキペディアで青汁のページを見た時に「摂食上の注意」という項目に目が留まって読んでみたところ、次のようなことが書かれていました。

青汁はカリウム、リン、ビタミンAを多く含んでおり、人工透析をおこなう患者には健康状態を悪化させることがある。またビタミンKを多く含むため、循環器系の疾患対策の薬剤を飲用している場合効果が弱くなることがある。ニューキノロン系抗菌剤の薬理効果を阻害することがある。

いろいろなビタミンなどの栄養成分が例えばキャベツの何倍だとか、カボチャの何倍だとかという青汁の説明を見て、喜んで飲んだりしているわけですが(私の感想)個人個人の体によっては、あまり摂り過ぎてはいけない成分もあるということを少し頭に入れておきたいと思います。

更に調べようと思い、『「健康食品」の安全性・有効性情報』というサイトを見てみました。

こちらは、国立健康・栄養研究所食品保健機能研究部健康食品情報研究室が作っているサイトです。

「健康食品」の安全性・有効性情報

この中の「青汁の安全性は?」という見出しの文章には次のようなことが書かれています。

(青汁は)野菜をそのまま食べるのに比べて特定の成分を多量に簡単に摂取できてしまうため、過剰摂取による体調不良を生じる可能性があります。「健康効果を得たいから」と習慣的にたくさんの量を摂取したり、複数の青汁製品やビタミン、ミネラル等のサプリメントを併用したりすることは避けましょう。

青汁が原因と考えられる健康被害として、大麦若葉やケールを原料とする青汁製品の摂取により、肝障害を生じた事例が複数報告されています。この中には、青汁製品を単独で摂取した例と、ほかの製品と併用した例が含まれます。また、ほうれん草やパセリなど、シュウ酸を多く含む緑黄色野菜から作った自家製ジュースだけを食事の代わりに多量に摂取し、腎障害を発症した報告もあります。高齢の方や腎臓の機能が弱っている方は、特に注意が必要です。

などなど、他にも「トクホの青汁の効果や安全性は?」「青汁ダイエットの効果は?」といった見出しもありますのでぜひ一度ご覧になっていただきたいと思います。

こちらのページになります。

「健康食品」の安全性・有効性情報

青汁を宣伝するサイトにしてはちょっと堅苦しい話になってしまいましたが、少しだけでもこのような面も知識として頭に入れた上で皆さんそれぞれに合った青汁を愛用していただきたいと思います。