本青汁に船越英一郎さんが登場!

以前、やわたの「おいしい青汁」でCMに出演していた二時間ドラマの帝王、船越英一郎さん戻ってきました。

いろいろありましたからね…よかった。

こんどは「本青汁」を宣伝していますが、「おいしい青汁」と何が違うんでしょうか?

「おししい青汁」は大麦若葉、モロヘイヤ、桑葉などが原料で価格は30包で4,100円。

で、「本青汁」の方は、

おっ、安いですね。

価格は30包で2,160円!

原料は大麦若葉で、なんと乳酸菌が入りました!

それも150億個、ということはあの乳酸菌が入った世田谷食品の「乳酸菌が入った青汁」の100億個の1.5倍の乳酸菌が入ったわけですね!

すごいです。

乳酸菌の種類は「エンテロコッカス フェカリス菌」。

やわた本青汁
(画像はやわたのホームページから)

前に調べた世田谷食品のは「ラクトバチルス カゼイ菌」でした。

この「エンテロコッカス フェカリス菌」を世田谷食品と同じようにヤクルト中央研究所の「菌の図鑑」で調べてみたら最初は驚きました。

この菌は種々の感染症を引き起こす菌です、みたいなことが書かれています。

ところが、他社でも「エンテロコッカス フェカリス菌」を使用しているメーカーが複数あり、そんなはずはないと、もう少し調べるといろいろなタイプの「エンテロコッカス フェカリス菌」があることが分かってきました。

「エンテロコッカス フェカリス菌」だけで検索すると悪い記事が先にひっかかるので、各メーカーさんは何か注釈を入れておいた方が良いのではないでしょうか。